本文へ移動

<わが街ぶらり探訪> 犬山で成瀬正勝氏企画展

2022年4月27日 05時05分 (4月27日 11時34分更新)
 国宝犬山城の「昭和大修理」を行って保存に努め、東京大の教授として皇太子妃時代の上皇后美智子さまに文学を教えるほどの研究者だった「城主」をご存じだろうか。今年五十回忌となる成瀬正勝氏(一九〇六〜七三年)を振り返る初の企画展「殿様と文学」が、犬山市の城とまちミュージアムで開かれている。その人となりと功績をたどってみた。 (水越直哉)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧