本文へ移動

DX学び業務改善へ あわら市職員対象セミナー

2022年4月27日 05時05分 (4月27日 10時16分更新)
DXについて学ぶ職員ら=あわら市役所で

DXについて学ぶ職員ら=あわら市役所で


 デジタル技術を社会変革につなげる「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の知識を身に付け、DXを通じた業務改善に取り組むきっかけをつくってもらおうと、あわら市は二十六日、職員向けのDXセミナーを開いた。
 市と三月に包括連携協定を結んだIT人材派遣「Modis(モディス)」(東京)、地域課題の解決に取り組む「ボノ」(同)の二社の社員がオンラインで講義した。
 二回開き、一回目は課長やグループリーダーら四十一人が参加した。モディスの社員は「デジタル化は単なる道具だが、DXはデジタル化とは違う。何を実現するためにデジタルを使うのか、考えることが必要」と説明した。
 職員らはDXを活用した業務改善への足掛かりとして、仕事や生活の中で我慢していることや諦めていることを挙げた。ボノの社員は「諦めている理由を解決することが課題解決につながる。気軽に言える職場になることも大事」とアドバイスした。 (畑明日香)

関連キーワード

おすすめ情報