本文へ移動

リニア工事、JR東海新案 大井川のダム取水制限、流量維持

2022年4月26日 16時00分 (4月26日 16時00分更新)
 リニア中央新幹線「南アルプストンネル」の工事に伴う大井川の流量減少に静岡県が懸念を示し、着工を認めていない問題を巡り、JR東海は二十六日、東京電力系の田代ダム(静岡市)の取水制限で流量を補う新たな案を、県側に提示すると公表した。同日午後の県の専門部会で、同社が県側に詳細を説明する。
 田代ダムは水力発電用に大井川から取水している。JR東海の説明では、トンネル掘削中には、静岡県から県境を越えて山梨県に流出する湧水を技術的に戻せない期間が約十カ月ある。その間、流出量を計測し、同量を取水制限することで川の流量を補えるという。ダムを運営する東京電力リニューアブルパワー(東京)は「関係者の理解を得た上で依頼をいただければ、具体的な方策を考えたい」としているという。
 静岡県は従来、湧水を戻せない期間があることに反発し、JRが対応策を検討してきた。新たな案を軸にした協議が、事態の進展につながる可能性がある。
 リニア中央新幹線は、JRが二〇二七年の名古屋−東京・品川間の開業を目指して工事を進めてきたが、静岡で着工できず、延期が避けられなくなっている。

関連キーワード

おすすめ情報