本文へ移動

高木優奈 全米OP出場権獲得 ツアープロ浪人中で「まさか自分がアメリカでゴルフするなんて」

2022年4月25日 19時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
高木優奈

高木優奈

 ◇25日 女子ゴルフ 全米女子オープン日本地区予選最終日(千葉・房総CC房総G)
 女子ゴルフ史上最高賞金をかけ6月2~5日に行われるメジャー・全米女子オープン(ノースカロライナ州・パインニードルズ・ロッジ&GC、賞金総額1000万ドル・優勝180万ドル)の日本地区予選。36ホールを9アンダーで回った浜田茉優(26)=伊藤園=がトップ通過し、高木優奈(23)、識西諭里(25)、早川夏未(19)、伊藤二花(16)、馬場咲希(17)の合計6人が本戦出場権を獲得した。
 高木は昨シーズンのメルセデスランク57位、賞金ランク60位。しかしその実力もプロテスト合格には生かせず、現在は“ツアープロ浪人中“だ。
 今週は世界ランク300位以内の資格でパナソニックオープンに主催者推薦出場するが「去年11月のプロテストに落選した時点で2022年はまずこの全米予選に照準を合わせようと決めたんです。まさか自分がアメリカでゴルフするなんて思っていなかったけど、向こうに行ったら見える世界が変わるよ、と言われていたし、楽しみ」と、本戦出場切符獲得を喜んだ。
 この日の36ホールは8バーディー、ノーボギーのゴルフ。「もうとにかくパットが。2、3メートルのいやらしい距離も全部入ってくれました。ショットもフェアウエー外したの2、3回しかなかったし」という。
 今月は国内で植竹希望、高橋彩華、米ツアーで畑岡奈紗、男子ツアーでも桂川有人と、高木と同じ黄金世代がブレーク中。「私が今日と同じゴルフをしても、本戦では予選を通るか通らないかだと思う。でもこういうゴルフをして決勝ラウンドに行けたらいいなと思います。チャレンジャーとして一生懸命頑張りたい」と高木。胸が高鳴った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ