本文へ移動

「泊まりたくなる犬山に」 名鉄・高崎社長が観光振興めぐり講演

2022年4月25日 05時05分 (4月25日 11時21分更新)
「犬山をオーセンティックな(本物の)観光文化都市に」と語る高崎社長=犬山市内で

「犬山をオーセンティックな(本物の)観光文化都市に」と語る高崎社長=犬山市内で

 名古屋鉄道の高崎裕樹社長(61)が犬山の観光まちづくり戦略について語る講演会が二十四日、犬山市のホテルインディゴ犬山有楽苑(うらくえん)であった。市内のリトルワールドで五年間勤務し、社内で犬山エリアの観光事業戦略を立ち上げるなど「犬山への思いはひとしお」と述べ、熱い思いを語った。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧