本文へ移動

<SDGs最前線> 「再生間柱」を生産、独自工法の枠材に 太田木材(永平寺町)

2022年4月24日 05時05分 (4月24日 11時34分更新)
廃材を建築資材として再生し、限りある資源の有効活用を図りたいと意気込む太田社長=永平寺町の太田木材で

廃材を建築資材として再生し、限りある資源の有効活用を図りたいと意気込む太田社長=永平寺町の太田木材で

 これまで廃材として処理していた木材を建築資材として再生し、限りある資源を有効活用する。木材加工業の太田木材(永平寺町)は二〇二一年から専用の機械を導入し、商品として使えない廃材を加工して板材に仕上げた「再生間柱(まばしら)」を生産。同社独自の工法に使う枠材として利用している。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

福井の新着

記事一覧