本文へ移動

輝く真珠、墨絵にあしらって 2年ぶり、志摩の塩本さんら作品展

2022年4月24日 05時05分 (4月24日 11時06分更新)
墨絵を真珠で彩った作品を展示している塩本さん=志摩市大王町の大王美術ギャラリーで

墨絵を真珠で彩った作品を展示している塩本さん=志摩市大王町の大王美術ギャラリーで

 「真珠絵作家」として活動する志摩市志摩町の塩本幸子さん(62)と、インドネシア・バリ島で伝統的な墨絵を描くクンチ・クトゥさん(49)による合同作品展が、同市大王町の大王美術ギャラリーで二年ぶりに開かれている。象頭の神「ガネーシャ」や、日本風の景色にフクロウを表現した作品など計二十六点が並ぶ。五月十六日まで。 (阿部竹虎)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧