本文へ移動

<西遊記2022> 養殖アユ、魅力を世界に 墨俣の森養魚場、企業ロゴ作りPR

2022年4月24日 05時05分 (4月24日 11時00分更新)
新たに作ったロゴマークとウェブサイトをPRする田村社長=大垣市墨俣町墨俣の森養魚場で

新たに作ったロゴマークとウェブサイトをPRする田村社長=大垣市墨俣町墨俣の森養魚場で

  • 新たに作ったロゴマークとウェブサイトをPRする田村社長=大垣市墨俣町墨俣の森養魚場で
  • アユ養殖の拠点の一つである森養魚場の輪之内分場=輪之内町大吉新田で
 養殖アユの生産量で国内トップクラスの森養魚場(大垣市墨俣町墨俣)は、新たにブランドロゴと企業ウェブサイトを作った。目指すのは、若年層や国内外での消費拡大。県を代表する魚のPRを通じて、アユや岐阜の魅力を世界に発信する。 (芝野享平)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧