本文へ移動

<経済GO!> 「転造」強度下げず金属加工 日進・三嶋商事 三嶋社長に聞く

2022年4月24日 05時05分 (4月24日 12時54分更新)
住宅街に立つ本社前で「新技術の研究開発に力を入れていきたい」と話す三嶋社長=日進市岩崎台1で

住宅街に立つ本社前で「新技術の研究開発に力を入れていきたい」と話す三嶋社長=日進市岩崎台1で

  • 住宅街に立つ本社前で「新技術の研究開発に力を入れていきたい」と話す三嶋社長=日進市岩崎台1で
  • クルクルと回転する二つのダイスの間に金属の筒を挟むと、ねじに成形される=みよし市莇生町で
  • 上部にらせん状の溝が成形されたねじ(右)=みよし市莇生町で
  • 最適な製造方法を探る転造開発センター=みよし市莇生町で
 ねじを作る「転造盤」という機械の販売・修理を手掛ける日進市の「三嶋商事」。自動車製造に向けたニッチ(隙間)な産業から間口を広げ、自社内に開発センターを設けて新しい分野への適用を図っている。三嶋章嗣社長(52)は、金属加工で困り事を抱えている企業に対し「何でも対応し、役に立ちたい」という姿勢で臨む。 (長坂幸枝)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧