本文へ移動

「ちむどんどん」で注目の高田夏帆、大ファンの阿部真央が書き下ろした曲5・25リリース どっきり初対面に感涙止まらず

2022年4月24日 11時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阿部真央(左)書き下ろしの2枚目シングル「風の唄」をリリースする高田夏帆

阿部真央(左)書き下ろしの2枚目シングル「風の唄」をリリースする高田夏帆

 NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に出演中の女優・高田夏帆(25)が、大ファンであるシンガー・ソングライター阿部真央(32)の書き下ろしによる3年ぶり2枚目シングル「風の唄」を5月25日にCDリリースすることが決定した。
 夢コラボのきっかけは、自身がMCを務めるTOKYO MX「音ボケPOPS」の番組企画だった。高田のボイストレーニング企画が進む中、ある日、新たなレッスンを受けるつもりで部屋に入ると、大ファンである阿部が待っているというサプライズ。初対面にうれし泣きする中、楽曲まで書き下ろしてくれると聞き、さらに号泣した。
 「私が恋した時、落ち込んだ時、前を向きたい時、そばに居てくれた音楽の主です。レコーディングを終え、もっと好きになって帰ってきました!」。阿部への愛をさらに深めた高田。続けて「『風の唄』は私と話してふくらんできたイメージで書いてくださったそうです。この曲に不思議と背中を押される毎日です。今度は私の番。皆さんにとって追い風になる唄になりますように」とコメントを寄せた。
 一方、阿部は「私は、出会った時から夏帆ちゃんの声と、歌い方と、強くて真っすぐな意志がとにかく大好きで、その魅力全てを美しく網羅できる曲を作りたくて『風の唄』を書きました」と楽曲を説明。さらに「夏帆ちゃんのボーカルによって完成した曲だと思っています。この歌が風のようにキラキラと、夏帆ちゃんの声によって軽やかに、多くの人の心に届きますように」と願いを込めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ