本文へ移動

宮野真守「センターマイクに合わせて踊れるのは声優ならでは」 マンティコアダンスを披露

2022年4月23日 20時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンティコアダンスのポーズを決める(左から)井上和彦、宮野真守、森川智之

マンティコアダンスのポーズを決める(左から)井上和彦、宮野真守、森川智之

 声優の宮野真守、森川智之、井上和彦が23日、東京都内で行われた映画「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」の”大ヒット御礼吹き替え裏話付き舞台あいさつ”に登壇した。
 声優として、吹き替えを行うときの秘密をそれぞれ聞かれ、宮野は自身が声をあてる主人公・ニュート役のエディ・レッドメインが劇中で行う”マンティコアダンス”を引き合いに「エディが来日したときにも一緒に踊りましたけど、吹き替えの時にも踊りました。多分エディはマイク位置に合わせて動くことはできないと思う。声優ならではです」とダンスを改めて披露した。
 続く森川は声を担当するダンブルドア役のジュード・ロウについて「普通、吹き替えの時は俳優さんの口元を見るけど、彼の場合は『目は口ほどに物を言う』。目を見ています」と明かした。井上も「吹き替えの時は俳優にシンクロさせる」と答え、「俳優と気持ちを重ねる。3人とも一緒でしたね」と笑みを浮かべた。
 最後に宮野は「魔法ワールドはつながっている。そこが魅力。僕は今、代表して話をさせてもらっていますが、たくさんの人が願ってたどり着いた最新作。エディもこの状況下での撮影は非常に大変だった、とおっしゃってました」と語り、「張り巡らされた伏線が回収されていくのは本当に気持ちが良いし、次につながる新たな謎、きっかけも生まれている。今後の展開にも期待をはせながら、全力を込めた作品が皆さまの胸に残ることを願っております」とアピールした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ