本文へ移動

【オリックス】左打ちの新外国人マッカーシー外野手を獲得 昨季3Aで3割、15本塁打 低調打線のカンフル剤に期待

2022年4月23日 15時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 オリックスは23日、新外国人選手としてジョー・マッカーシー外野手(28)を獲得したと発表した。米国出身で191センチ、100キロの左投げ左打ち。背番号は「14」。
 2015年にレイズへドラフト5巡目指名で入団。2020年にジャイアンツでメジャー・デビューし、4試合10打数無安打だった。メジャー経験はその1年だけ。マイナーでは474試合に出場して1679打数451安打の打率2割6分9厘、45本塁打、246打点。昨季はレンジャーズ傘下3Aで74試合に出場し、打溢3割5厘、15本塁打、55打点だった。
 今季、オリックスの外国人野手はラベロ、バレラの2人態勢だが、2年目のラベロは打率1割3分3厘の1本塁打、2打点、来日1年目のバレラは1割5分の1本塁打、4打点と低調。23日のロッテ戦は2選手ともスタメンから外れた。昨季本塁打王の杉本も大不振でチーム全体が打撃低調なだけに、補強が急務の状態だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ