本文へ移動

【MLB】開幕から14試合連続「1番DH」の大谷翔平 初対決の左腕ジマーマンに2打席連続三振

2022年4月23日 11時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔平(AP)

大谷翔平(AP)

◇22日(日本時間23日)MLB エンゼルスーオリオールズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平が本拠地のオリオールズ戦に、開幕から14試合連続「1番・DH」で出場した。オ軍先発左腕のジマーマンは昨季4勝5敗、防御率5・04。大谷とは初対戦となる。
 第1打席は初球から積極的に振っていったが、カウント1ボール2ストライクから真ん中に沈むチェンジアップに空振り三振。第2打席は2点を追う4回。先頭で打席に入ったが、ここでも変化球にタイミングが合わず2打席連続三振に倒れた。
 大谷は試合前まで55打数13安打、打率2割3分6厘、3本塁打、9打点。20日のアストロズ戦は、投手として6回1死まで完全投球を見せるなど6回無失点、12奪三振と好投し、今季初勝利を挙げた。打者では2試合連続のマルチ安打。18日のレンジャーズ戦以来、5試合ぶりとなる今季本拠地初アーチが待たれる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ