本文へ移動

駒ケ根・かっぱ館を歌で盛り上げ 宮沢館長自作、ギター弾き語り

2022年4月23日 05時05分 (4月23日 14時58分更新)
ギターを演奏しながら楽しそうに歌う宮沢館長=駒ケ根市下平で

ギターを演奏しながら楽しそうに歌う宮沢館長=駒ケ根市下平で

 地元に伝わるかっぱ伝説を歌で盛り上げようと、駒ケ根市下平の資料館「おもしろかっぱ館」の宮沢賢司館長(62)が、オリジナルの歌「何があっても屁の河童(かっぱ) おもしろかっぱ館」を作った。イベントなどでギター片手に美声を響かせ、名物になりつつある。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧