本文へ移動

【広島】小園8番降格…新打線つながる「そう簡単に外せない選手、楽なところで」と佐々岡監督

2022年4月22日 23時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
広島・小園

広島・小園

◇22日 広島6-1DeNA(マツダ)
 ベンチの決断が吉と出た。4連敗で本拠地に戻って来た広島は、開幕から固定してきた西川、菊池涼、小園の1~3番を23試合目にして初めて組み替えた。
 佐々岡監督は「連敗していたというところでね。小園もそう簡単に外せない選手ではあるし、打順で楽なところで、ということも考えながら」と説明。試合前まで打率1割6分9厘と不調だった小園を8番に降格し、西川を3番に据えた。
 新打線は初回に4点先制。4点目のタイムリーが小園だった。「結果が全然出てないので。逆にずっと3番を打たせてもらったことは本当に感謝しかないですし、ここからまたはい上がって行けるように、という思いで臨みました」。2死一、三塁で中前適時打。連敗も止まり、チームにも小園にも価値ある1勝となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ