本文へ移動

2試合連続”回またぎ”でゼロ封の山本「ゼロで帰ってくることができて良かった」【中日】

2022年4月22日 21時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回表から登板する山本

8回表から登板する山本

◇22日 中日2-7巨人(バンテリンドームナゴヤ)
 中日の山本が2試合連続の回またぎで2イニングを無安打無失点と好投した。6点のリードを許した8回から4番手として登板。先頭の香月はビシエドの失策で出塁されたが、その後は落ちついて後続を断った。9回は坂本、岡本和らを打ちとり3者凡退。役割を果たした右腕は「ゼロで帰ってくることができてよかったです。次も頑張ります」と意気込んだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ