本文へ移動

【FC東京】MF高萩洋次郎 ルヴァン杯磐田戦がアピールの場「パスを武器に勝つためのプレーをする」

2022年4月22日 20時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ルヴァン杯1次リーグ磐田戦に向けて必勝を誓ったMF高萩=小平グラウンドで(FC東京提供)

ルヴァン杯1次リーグ磐田戦に向けて必勝を誓ったMF高萩=小平グラウンドで(FC東京提供)

 FC東京のMF高萩洋次郎(35)が22日、ルヴァン杯1次リーグ磐田戦(23日・ヤマハ)に向けたオンライン取材に応じた。1次リーグ突破を懸けた大一番となる。高萩は今季リーグ戦では満足な出場機会を得られていないが、高い戦術眼と技術は少しもさびついてはいない。数少ないアピールの場を絶やさないためにも勝利につながるプレーを期した。
   ◇   ◇
 衝撃の16歳8カ月と3日でのJ2デビューから今年でプロ20年目。J1広島史上初の高校生Jリーガーも8月で36歳となる。積み重ねてきた月日とともにこだわってきたプレーがある。
 「パスは自分の武器。そこでミスはできないと、いつも自分にプレッシャーをかけている。フィジカルが飛び抜けているわけでも、スピードが人よりあるわけではない。パスで勝負してきた。まだまだですけど」
 だが、今季リーグ戦は1試合に途中出場したのみで、本領発揮には至っていない。”失地回復”のためには、このルヴァン杯が貴重なアピールの場となる。
 「負けたら1次リーグ敗退になりかねない。このチームとして次のステージに進むために、勝つためのプレーをする」
 ルヴァン杯は若手の登竜門という意味合いが強いが、ベテランが意地を見せる場でもある。
 「そのために何ができるか。100%を出し切りたい。いいプレーをしても勝たなかったら何も変わらない。勝って結果を出して、チーム内の競争にも食い込んでいきたい」
 1本のパスでスタジアムを沸かせ、歓喜の勝利を呼び込んできた。ゆっくりと醸成された一芸で猛アピールを誓う。「足を速くしろと言われても無理なので、違うプレーでほかの人にない良さを出していきたい」。高萩が紡ぐコメントは味わい深く聞こえる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ