本文へ移動

【MLB】鈴木誠也、大ファンのトラウトに会ったら「ハグしたい」同僚マドリガルからはお約束の”シャンプーイジり”も…!?

2022年4月22日 16時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
パイレーツ戦の7回、空振り三振に倒れるカブス・鈴木誠也(AP)

パイレーツ戦の7回、空振り三振に倒れるカブス・鈴木誠也(AP)

◇21日(日本時間22日)MLB カブス3―4パイレーツ(シカゴ)
 カブスの鈴木誠也外野手(27)は「2番・DH」でフル出場し、4打数無安打、1打点、3三振。日本選手で最長タイだった「メジャーデビューから12試合連続出塁」がストップした。
 パイレーツの筒香嘉智一塁手(28)は「4番・一塁」で5打数1安打、2打点。2―3の5回に逆転の2点タイムリーを左前に流し打ち、これが決勝打になった。
 鈴木は米放送局MLBネットワークの解説番組で、あこがれのマイク・トラウト外野手(エンゼルス)に会ったら何と言いたいかと聞かれ、「ハグしたいです」と、言葉ではなく行動を即答。笑いを誘い、番組からは「トラウトの方が打撃面での幸運を分けてもらおうと君をハグしようとするかもしれないね」と返された。
 トラウトはMVP3度の“現役最強打者”。大ファンを公言する鈴木は、メジャー挑戦に際してトラウトの背番号「27」を選択し、カブスの入団会見では「マイク・トラウト、アイラブユー」のセリフで会場全体を爆笑させた。
 また、同局の一番いじってくるチームメートは誰かとの質問には「ニック(マドリガル二塁手)」と答え、「お風呂に一緒に入っていて僕がシャンプーで頭を洗っていたら、永遠にずっとシャンプーを掛け続けてくる」とエピソードを紹介した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ