本文へ移動

ラクリマ・クリスティーのギターKOJIさん、49歳食道がんで死去 「ビジュアル四天王」として人気

2022年4月22日 16時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ビジュアル系ロックバンド「ラクリマ・クリスティー」の公式アカウントが22日、ツイッターを更新。病気療養中だったギターのKOJIさんがなくなったことを明かした。
 KOJIさんはボーカル、michi.とのユニット「ALICE IN MENSWEAR(アリスインメンズウェア)」のメンバーでもあり、michi.が公式HPで「令和4年4月15日、食道ガンにより49歳で永眠いたしました」と報告した。
 KOJIさんは2020年7月に食道がんを公表し、9月に手術。michi.は「KOJIは病気の告知を受けてからも、決してギタリストとしての誇りを失わず、強く美しく闘い抜く姿を、毎日私に示してくれていました」と振り返り、「その気高い精神は、これからもずっと皆さんと私の中に在り続け、これからもずっと変わらず導き続けてくれると確信しています」とつづった。
 また「葬儀は家族葬でしめやかに執り行いたいという本人とご遺族のご意向もあり、全てのお見送りの儀式が執り行われるまで発表を差し控えさせていただくこととなりましたが、どうぞご理解くださいますようお願い申し上げます」とも加えた。
 ラクリマ・クリスティーは1991年結成。90年代には「マリスミゼル」らと共に「ビジュアル四天王」として人気を集めた。ツイッターではミュージシャン仲間からの追悼コメントやファンからの「KOJIくん、ありがとう。ゆっくり休んでね。聴き続けるよ」などのお悔やみが相次ぎ、「KOJI」がトレンド入りした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ