本文へ移動

<亀山ブランド物語> (10)カメヤマローソク カメヤマ(大阪市)

2022年4月22日 05時05分 (4月22日 12時17分更新)
「流れず、曲がらず、くすぶらず」にこだわるろうそく=亀山市栄町で

「流れず、曲がらず、くすぶらず」にこだわるろうそく=亀山市栄町で

  • 「流れず、曲がらず、くすぶらず」にこだわるろうそく=亀山市栄町で
  • さまざまな香りが楽しめる線香「花ふぜい」(左)と「花げしき」
 亀山市で創業され、神仏用のろうそくでは国内で七割のシェアを誇るカメヤマ(大阪市)。現在は生産拠点をベトナムに置いているが、芯糸は全て創業地の工場で作っている。「流れず、曲がらず、くすぶらず」という「三ず」の品質基準で生産し、海外でも高く評価されてきた。「われわれは(先祖を敬うという)文化の中で商売をさせていただいている」。営業戦略本部の竹中淳本部長(50)は、供養に欠かせないろうそくを約一世紀作ってきた技術力に自信をみせる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧