本文へ移動

【巨人】原監督が打撃陣を称賛 取られたら取り返すの本塁打攻勢で4連勝「非常にいい場面で出た」

2022年4月21日 23時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回裏無死、右越えに同点ソロを放つ巨人・丸

4回裏無死、右越えに同点ソロを放つ巨人・丸

◇21日 巨人8―4広島(東京ドーム)
 取られたら取り返す本塁打攻勢での4連勝に、巨人・原辰徳監督は「非常にいい場面で素晴らしいホームランが出たなという。逆転されて、先行されてという中ですぐチームの雰囲気というか流れを勢いをつけたまま行けたなという感じがします」と打撃陣を称賛した。
 特に再逆転された直後の4回には先頭の丸佳浩外野手が「バッティングカウントだったので強く振り抜くことができました」とリーグ単独トップの6号ソロで同点に。さらに2死二、三塁で、好調の吉川が勝ち越しの2点二塁打を放って試合を決めた。原監督は「倍返しとはいかなかったけど」と冗談めかしながらも「全ての点というのは大きいんでしょうけど、ミスをしてもカバーできた、そういう打線だと思いますね」と満足げだった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ