本文へ移動

四日市公害判決50年 市民団体が環境未来館を見学 

2022年4月22日 05時05分 (4月22日 05時05分更新)
四日市公害の歴史を学ぶ四日市公災害市民ネットのメンバーら=四日市市安島の四日市公害と環境未来館で

四日市公害の歴史を学ぶ四日市公災害市民ネットのメンバーら=四日市市安島の四日市公害と環境未来館で

 四日市公害をはじめとした環境問題を考える四日市市の市民団体「四日市公災害市民ネット」は二十一日、同市安島の四日市公害と環境未来館を見学した。今年で四日市公害訴訟判決から五十年の節目を迎えることにちなみ、あらためて歴史や教訓を学んだ。(片山さゆみ)
 参加者は公害の概要についての映像を見た後、館内を見学。同館の服部久光さんの案内で、コンビナートによる海洋汚染で異臭がする魚が発生し、さらに大気汚染でぜんそく患者が増えていった経緯を学んだ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧