本文へ移動

【Bリーグ】シーホース三河、CS出場圏内のワイルドカード2位に浮上 ローレンス Ⅱが29得点5リバウンド4アシストと大活躍

2022年4月21日 07時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の勝利で秋田を抜き、CS出場圏内のワイルドカード2位に浮上

今日の勝利で秋田を抜き、CS出場圏内のワイルドカード2位に浮上

  • 今日の勝利で秋田を抜き、CS出場圏内のワイルドカード2位に浮上
  • 100%の成功率で3Pシュートを決め、今シーズン初となるヒーローに選出されたキャプテンの根來新之助
◇20日(水) Bリーグ1部32節 三河89 - 81大阪(ウィングアリーナ刈谷)

シーホース三河ホームゲーム32節
大阪エヴェッサ戦
秋田戦から中2日で迎えた大阪エヴェッサ戦は、ローレンス Ⅱが29得点5リバウンド4アシストと大活躍。根來と柏木の経験豊富な選手が大事な場面で3Pシュートを決めて、89-81で勝利。秋田を抜き、CS出場圏内のワイルドカード2位に浮上した。
◆1Q
三河 19–21 大阪
順調な滑り出しも追いつかれ、一進一退の接戦に
スターティング5は、#4細谷、#9ローレンス Ⅱ、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。
#19西田のディープ3Pシュートで幸先の良いスタート。#54ガードナーがワンマン速攻からダンクを叩き込み、#9ローレンス Ⅱが3Pシュートを沈めて8-0とペースを握る。
大阪は#10ドブラスのミドルシュート、#13中村の3Pシュートで盛り返すが、#4細谷が3Pシュートで突き放す。
しかしその後はオフェンスが単調になり、大阪#10ドブラス、#24ハントに得点されて、残り4分に12-12と追いつかれる。そこから一進一退のシーソーゲームに突入し、残り2分に大阪#13中村の3Pシュートでリードを許す。すぐに#18角野が3Pシュートで取り返したが、以降はシュートがリングに嫌われ、2点ビハインドで2Qへ入った。
◆2Q
三河 40–32 大阪(三河 21–11 大阪)
ローレンス Ⅱを軸に大阪のビッグラインナップを打開
スタートは、#7長野、#9ローレンス Ⅱ、#14ユトフ、#18角野、#32シェーファー。
大阪のビッグラインナップに苦戦しながらも、#9ローレンス Ⅱがリングアタックで切り崩して3連続で得点。さらに#9ローレンス Ⅱはドライブで相手のマークを引きつけ、#14ユトフの合わせ、#3柏木の3Pシュートをアシストする。
#54ガードナーのポストアップから#15根來が3Pシュートを射抜くと、#54ガードナーがオフェンスリバウンドで粘って#14ユトフが3Pシュートで加点。残り2分、#14ユトフのミドルシュートでリードを11点に広げる。
大阪は#10ドブラス、#33ブラウンの得点で食らいつき、8点リードでハーフタイムを迎える。
◆3Q
三河 67–61 大阪(三河 27–29 大阪)
ローレンス Ⅱ 13得点をマーク、激しい点の取り合いに
スタートは、#4細谷、#9ローレンス Ⅱ、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。
大阪#33ブラウンの3Pシュートで先手を取られるも、#54ガードナーのバスケットカウントで返上。#19西田が積極的なアタックでフリースローを獲得。#32シェーファーが力強いドライブからレイバックシュートを決めて会場を沸かせる。
大阪も#3ドンリーのバスケットカウントなどで対抗し、大阪が5点差に詰めては三河が突き放す展開が続く。残り4分半に大阪##24ハントのミドルシュートで3点差に迫られるが、#9ローレンス Ⅱが躍動感あふれるドライブ、#19西田が3Pシュートを打つと見せかけて#54ガードナーのゴール下をアシストして7点差に引き離す。
大阪も#3ドンリー、#10ドブラスの得点で再び追い上げるが、#9ローレンス Ⅱが残り2分半から連続で9得点を稼ぎ、6点リードで最終Qへ突入した。
◆4Q
三河 89–81 大阪(三河 22–20 大阪)
序盤に4点差に迫られるも立て直し、8点差で勝利
スタートは、#7長野、#9ローレンス Ⅱ、#14ユトフ、#19西田、#32シェーファー。
#9ローレンス Ⅱのフリースローで先制するが、大阪#33ブラウンに立て続けにリングアタックを許して4点差に詰められる。
タイムアウトで流れを変えると、#54ガードナーがポストアップからレイバックをねじ込み、キックアウトして#15根來の3Pシュートをアシスト。
#19西田と#54ガードナーの2メンゲームでリードを10点に広げてオフィシャルタイムアウトに突入する。
大阪がチームファウル5つに達した状況を活かして#14ユトフ、#19西田のフリースローで得点を重ね、#54ガードナーのポストアップから外に展開し#3柏木が3Pシュートで仕留める。#3柏木、#7長野が落ち着いて時計を進め、粘る大阪の反撃をかわして8点差で逃げ切り、連勝を3に伸ばした。

■シーホース三河 鈴木 貴美一 ヘッドコーチ 試合後コメント
「大阪さんは非常にリバウンドが強いチームで、そこをやられてしまい苦しかったです。ただ、我々の方がシュートが入りました。勝たなければならない試合で、また直前まで(試合が)開催できないかもしれないという中でも、選手たちは、よく切り替えて、いい入り方ができたと思います。勝てて良かったです。」
■大阪エヴェッサ 天日謙作ヘッドコーチ 試合後コメント
「残念でした。でも、少しはいいことがありました。」
(シーホース三河のプレスリリースから)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ