本文へ移動

【がんがつなぐ足し算の縁】笠井信輔 (8) 治療費の不安 

2022年4月19日 05時05分 (5月6日 17時42分更新)

 「信輔さん、こんばんは。実は乳がんになってしまいました」。まさにこの連載を書こうとしていた時、小学生のお子さんがいる後輩から突然届いた衝撃のLINE(ライン)。こういう時になんて返事をしたらいいか困ってしまう方、多いと思います。
 「気持ちの方は大丈夫ですか? 相当なショックを受けたんじゃないかなと思います。なんで私がって思ってしまうんだけど、今、がんは多数派。むしろがんにならない人の方が少ないんだよね」と書き始めて、「病室でWi−Fiが使えるか、事前に確認を。コロナ禍の中、オンライン面会は支えになるよ」などと返事を書きました。

助けてくれた支払い「限度額」


入院中は病気や治療への不安だけでなく、お金の心配も尽きなかった

 
令和時代のがん患者ということで、私などでもアドバイスを求められたりしますが、一番答えにくいのが治療費のこと。同じがんでもステージによって治療法や入院期間が大きく異なってくるからです。
 千人を対象にしたある医療関係のアンケートで「病気になったら不安に思うこと」を聞いたところ、「治療費などの出費がかかる」が約八割! その次は「収入が減る・途絶える」で約半数。そう! まさにこれ。がんになるとお金のことで頭がいっぱいになる。私は会社を辞めた...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報

医療ニュースの新着

記事一覧