本文へ移動

男性の前立腺がん 50代以降に増加 血液検査で早期発見 

2022年4月19日 05時05分 (4月20日 13時50分更新)
 2月に75歳で亡くなった俳優の西郷輝彦さんが患っていた前立腺がん。2018年に新たに診断を受けた患者は9万2000人を超え、男性のがんでは最も多い。初期は自覚症状がなく気付きにくいため、人間ドックなどで血液を採取して調べる「PSA検査」が重要だ。加齢に伴って患者が増えることから、医師は「50代以降は要注意」と訴える。(細川暁子)

PSA値チェック 初期は自覚症状なく



 前立腺は膀胱(ぼうこう)の下にある臓器で、真ん中を尿道が通る=イラスト。厚生労働省によると二〇年の死亡者数は一万二千七百五十九人で、高齢化や食生活の欧米化に伴い、〇〇年の七千五百十四人から急増している。
 名古屋大泌尿器科学准教授の加藤真史さん(51)によると、通常ゆっくりと進行し、初期は痛みなどの自覚症状がないのが特徴。「西郷さんの死後、『自分は大丈夫か』と心配する声をよく聞く」と言う。患者は五十代から増えるため「まずはPSA検査を受けてほしい」と呼び掛ける。
 PSAは前立腺でつくられるタンパク質。精子の運動性を高める役割があり、ほとんどが精液中に分泌される。しかし、前立腺に問題があると血液中に漏れ出す量が増加。自治体のが...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

医療ニュースの新着

記事一覧