本文へ移動

【中日】石川昂が2試合連続打点 ヤクルト先発・サイスニードの直球を捉え左中間を真っ二つの二塁打

2022年4月19日 21時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回裏、石川昂が適時二塁打を放ち、塁上でガッツポーズ

7回裏、石川昂が適時二塁打を放ち、塁上でガッツポーズ

◇19日 中日4―12ヤクルト(バンテリンドームナゴヤ)
 中日の石川昂弥内野手が「7番・三塁」でスタメン出場して適時二塁打を放ち、2試合連続で打点をマーク。7回1死一塁の第3打席、ヤクルト先発・サイスニードの低め148キロ直球を捉えて左中間を真っ二つ。その後、三塁に進んで溝脇の犠飛で4点目のホームを踏んだ。「何とかランナーをかえせてよかったです」と振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ