本文へ移動

【中日】鵜飼死球で交代 直球が右腕付近に直撃、そのままベンチ裏へ下がる

2022年4月19日 21時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回裏無死、鵜飼が死球を受け痛がる

8回裏無死、鵜飼が死球を受け痛がる

◇19日 中日ーヤクルト(バンテリンドームナゴヤ)
 中日・鵜飼航丞外野手が死球を受け、負傷交代した。8回先頭で3番手・大西が投じた初球、直球が右腕付近へと直撃。痛そうな表情を浮かべた鵜飼の元へ、トレーナー、森野打撃コーチが駆け寄り、そのままベンチ裏へ下がった。立浪監督はすぐさま交代を決断し、代走・根尾が起用された。
 ドラフト2位・ルーキーの鵜飼は今季、試合前時点で13試合に出場し、打率2割2分5厘、2本塁打、6打点。2試合連続で「2番・右翼」で起用されていた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ