本文へ移動

火曜日先発で『明確』になったエースの狙い 大野雄「僕が長く投げられれば…」【中日】

2022年4月19日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
柳(右)と明るい表情で話す大野雄

柳(右)と明るい表情で話す大野雄

 週の初めはエースにお任せ―。中日・小笠原が新型コロナウイルス陽性判定を受けた影響でローテが組み変わり、先週から大野雄は火曜日の試合の先発になった。
 「イニングを投げようという役割が明確になりました。僕が投げた後に今週は4試合ある。長く投げられれば、次の日、その次の日に投手をつぎ込める。自分としてもいいポジションだと思っています」。ヤクルト戦へ向け最終調整した大野雄は責任感たっぷりの表情を浮かべた。
 「100球めどという考え方もありますけど、先発は1週間に一度。1イニングでも多く投げた方が中継ぎの負担が減る。柳もそういう考えでいると思う」。すでに2完投している柳に大いに刺激を受けている背番号22。「監督がビジターは打たないと勝てないとおっしゃっていましたけど、名古屋は抑えないと勝てないと思う。一つずつアウトを積み重ねたい」。貯金ウイークへ。まずはエースが先陣を切る。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ