本文へ移動

【スーパーGT】GT300はKONDOが鮮やか逆転劇で2年連続開幕V

2022年4月18日 10時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年に続き開幕戦を制したKONDOの(左から)藤波清斗、近藤真彦監督、ジョアオ・パオロ・デオリベイラ=岡山国際サーキットで

昨年に続き開幕戦を制したKONDOの(左から)藤波清斗、近藤真彦監督、ジョアオ・パオロ・デオリベイラ=岡山国際サーキットで

開幕戦▽決勝▽17日▽岡山国際サーキット
 GT300クラスは5番手スタートだったKONDOの藤波清斗(27)/ジョアオ・パオロ・デオリベイラ(40)組(日産GT-R)が鮮やかな逆転勝利を飾った。GT500クラスと同様、、昨年に続く開幕戦連勝。
◇  ◇  ◇
 KONDOが鮮やかな逆転勝利を決め、2年続けて開幕戦ウイナーになった。5番グリッドからスタートを切った藤波は、1周目で3番手に浮上すると、18周目には2番手。そして23周目に、目の覚めるような追い抜きでトップに立った。殊勲の藤波は「テストからロングラン(連続走行)の調子が良かった。いつもJP(同僚デオリベイラの愛称)に頼ってばかりなので、少しは役に立てて良かった」と笑顔が弾けた。
 2020年のクラス王者コンビながら、レース後半を担当する同僚が追い上げるケースが多く、やっと仕事を果たせた思いが強い様子。デオリベイラも「フジナミの走りが素晴らしかった。スマートで賢く、鮮やかな追い抜きだった」と相棒の奮闘を高く評価した。指揮を執る近藤真彦監督は「チームとドライバーに感謝だね」とねぎらいつつ、「目の前のレースを一戦一戦取りにいきたい」と決意を込めた。連覇を狙った昨季は好スタートを切ったものの、BRZに競り負けてランキング2位。今後も確実なレースを続け、昨季の憂さを晴らす。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ