本文へ移動

津城本丸御殿、復元へ弾み 元教師・深見さんが資料解明進める

2022年4月16日 05時00分 (4月16日 12時01分更新)
深見さんが作製している津城御殿の間取りと広さが分かる図面=本人提供

深見さんが作製している津城御殿の間取りと広さが分かる図面=本人提供

  • 深見さんが作製している津城御殿の間取りと広さが分かる図面=本人提供
  • 津城の中心部にあった御殿の間取りを説明する深見さん=中日新聞三重総局で
 津城(津市)中心部にあった本丸御殿の内部を示した図面が見つかり、元小学校教諭深見和正さん(61)=津市半田=が資料の分析を進めている。これまで城全体を描いた絵図や御殿周りの櫓(やぐら)の資料は見つかっているが、御殿の詳細は分かっていなかった。市民有志が津城復元に向けた活動を続けており、図面は御殿の忠実な復元につながる貴重な資料だという。 (鎌倉優太)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧