本文へ移動

高機能照明を開発、販売 豊橋技科大発ベンチャー「オプトテック」

2022年4月16日 05時00分 (4月16日 11時46分更新)
オプトテックが開発したハイブリッド照明(中央の箱型の金属機器)。製品が流れるベルトコンベヤーを想定した装置の上に設置した=豊橋技科大提供

オプトテックが開発したハイブリッド照明(中央の箱型の金属機器)。製品が流れるベルトコンベヤーを想定した装置の上に設置した=豊橋技科大提供

  • オプトテックが開発したハイブリッド照明(中央の箱型の金属機器)。製品が流れるベルトコンベヤーを想定した装置の上に設置した=豊橋技科大提供
  • ハイブリッド照明について説明するオプトテックの藤井代表=豊橋市天伯町で
 豊橋技術科学大(豊橋市天伯町)の卒業生による学内発ベンチャー「OptTech」(オプトテック)が、人工知能(AI)を駆使した外観検査などに使う高機能照明の開発、販売を進めている。不良品検査や異物混入の有無をチェックする際の精度向上につながるほか、新型コロナウイルスの陽性判定への活用も目指している。 (牧原広幸)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧