本文へ移動

ももクロの百田夏菜子が連ドラ主演に初挑戦 フジ系「僕の大好きな妻!」で発達障害の妻役

2022年4月15日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
連続ドラマ初主演の百田夏菜子

連続ドラマ初主演の百田夏菜子

  • 連続ドラマ初主演の百田夏菜子
  • 原作「僕の妻は発達障害」の書影(C)ナナトエリ・亀山聡/新潮社
 4人組ガールズユニット「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子(27)が、6月4日スタートのフジテレビ系ドラマ「僕の大好きな妻!」(土曜午後11時40分、東海テレビ制作)で連ドラ初主演を務めることが14日、分かった。百田が演じるのは発達障害になる妻。“見えない障害”といわれる発達障害に、夫とともに向き合うエネルギッシュな主人公を熱演する。
 妻・ナナトエリさん、夫・亀山聡さんの漫画家夫婦による人気作「僕の妻は発達障害」(新潮社、月刊コミックバンチ連載中)が原作。百田演じる北山知花(きたやま・ちか)と夫の悟(さとる)の“とある夫婦の幸せのかたち”を描いた物語。アパレルショップの派遣販売員の知花は漫画家アシスタントの悟と結婚し、幸せな新婚生活を送るが、日常に違和感を覚え発達障害の検査を受ける。
 百田はNHK BSプレミアムのドラマ「プラスティック・スマイル」(2018年)で主演を務めた経験はあるが、連ドラ主演は初挑戦。オファーを受け不安もあったというが、発達障害がありながらも前を向いて歩く若い夫婦の姿に「知花と出会い悟と出会い、2人が生きる世界の優しさに心が熱くなりました」と感銘を受けたようだ。「こんなふうに自分と向き合い、相手と向き合い、認め合い、助け合い、愛し合う優しい世界がもっともっと広がればいいなと思いました」とコメント。
 撮影は今月5日に関東近郊でスタートした。百田は「どうかたくさんの人を抱きしめることができますように。そしてきっとたくさんの人を抱きしめたくなりますように。思いを込めて知花と共に精いっぱい生きたいと思います」と意気込んでいる。
 東海テレビの中頭千廣プロデューサーは「描くテーマは深いですが、百田さんの持ち前の明るさと前向きなエネルギーで、この物語のテーマを一人でも多くの方に届けられればうれしいです」と語っている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ