本文へ移動

舛添要一さん、ロシア軍潜水艦の日本海ミサイル発射実験に持論展開「韓国新政権と日米韓連携の強化を」

2022年4月14日 20時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舛添要一さん

舛添要一さん

 元東京都知事で国際政治学者の舛添要一さん(73)が14日、自身のツイッターを更新。この日、ロシア軍の潜水艦が米海軍と自衛隊が合同訓練を実施している日本海で巡航ミサイル2発の発射実験を行ったとの報道を受け「日米と中国・ロシア・北朝鮮の対立図式が明確になっているが、韓国が問題である。やっと文在寅政権が終わる。次期の尹錫悦政権で日米韓連携の強化を!」などと持論を展開した。
 今回のミサイル発射について、ウクライナ侵攻に対するロシアへの経済制裁を続ける日米へのけん制との見方もあるが、ツイッター上では「やってる事、北朝鮮と変わらん」「日本海で日米合同演習を行って挑発したのは日米」「いよいよ日本も混沌(こんとん)とした世界へ突入か」など、さまざまな意見が寄せられた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ