本文へ移動

就寝中の女性刺す 金沢・有松 殺人未遂疑い女逮捕

2022年4月14日 05時00分 (4月14日 09時58分更新)
殺人未遂事件が発生したアパート=13日、金沢市有松1で

殺人未遂事件が発生したアパート=13日、金沢市有松1で

  • 殺人未遂事件が発生したアパート=13日、金沢市有松1で
 就寝中の女性の腹部などを包丁で刺して殺害しようとしたとして、金沢中署は殺人未遂の疑いで、富山県砺波市苗加、介護福祉士佐藤果純容疑者(35)を現行犯逮捕した。十二日付。署によると「部屋の鍵を届けてあげようと思って訪ねたら、女性が血まみれになって倒れていた」と容疑を否認している。
 逮捕容疑では、同日午後十時ごろ、金沢市有松一のアパート一室で、この部屋に住む三十代女性の腹や胸、背中などを包丁で複数回刺したとされる。女性は四カ所以上を刺されたが、命に別条はないという。手には防御の際にできたとみられる傷もあった。
 捜査関係者によると、女性は、三十代夫と乳児の三人暮らしで「佐藤容疑者は見たことがない」と話している。一方、夫は介護関係の仕事をしており、事件当時は夜勤で部屋にいなかった。容疑者とは仕事を通じて面識があったという。佐藤容疑者は「鍵は拾った」と供述している。
 署は、容疑者がアパートの近くに車を止め、施錠されていた部屋の玄関を鍵で開けて室内に入り、部屋の外から持ち込んだ包丁を使ったとみて調べている。
 十二日午後十時十分ごろ、付近の住民が「助けを求める声が聞こえる」と一一〇番。署員が駆けつけると、寝室の布団の上で女性が乳児を抱いて座っていた。横に立っていた佐藤容疑者を示し「この人に刺された」と説明。包丁は床に落ちていたという。
 現場はJR西金沢駅から南東約二キロ、国道157号有松交差点近くの住宅街。

関連キーワード

おすすめ情報