本文へ移動

斎藤弥九郎 漫画に 幕末の剣豪、氷見市制作

2022年4月13日 05時00分 (4月13日 12時07分更新)
氷見市が発行した漫画「斎藤弥九郎の生涯」=氷見市役所で

氷見市が発行した漫画「斎藤弥九郎の生涯」=氷見市役所で

 氷見市は市出身の偉人を紹介する漫画「幕末の剣豪 斎藤弥九郎の生涯」をつくった。十二日から市博物館で三百円で販売。市ホームページから無料でダウンロードもできる。
 漫画は、A5判、六十八ページ。没後百五十周年を記念し、漫画家のフウワイさんに執筆を依頼した。同市仏生寺での誕生から江戸での剣術道場入門、江戸三大道場「練兵館」を開き、韮山(にらやま)代官江川英龍(ひでたつ)らとの親交や幕末の動乱との関わり、造幣局操業などの功績を描いた。肖像画や銅像、門弟、盟友、家族を紹介するページも設けた。
 三千五百冊発行。市内の小学六年生から中学三年生までに配布するほか、今後五年間、新六年生に贈る。担当した市教委教育総務課の小谷超(すすむ)課長補佐は「ただの剣豪ではなく、幕末の事件や明治新政府など歴史に深く関わったことを知ってほしい」と話す。(小畑一成)

関連キーワード

おすすめ情報

富山の新着

記事一覧