本文へ移動

ヤマザクラの根元から白鳳期の瓦片 鈴鹿の聖武天皇ゆかり「王城桜」

2022年4月12日 05時00分 (4月12日 11時38分更新)
伊勢国分寺跡歴史公園近くに植わる「王城桜」=5日、鈴鹿市国分町で

伊勢国分寺跡歴史公園近くに植わる「王城桜」=5日、鈴鹿市国分町で

  • 伊勢国分寺跡歴史公園近くに植わる「王城桜」=5日、鈴鹿市国分町で
  • 王城桜の根元付近に散乱していた白鳳時代の瓦とみられるかけら=4日、鈴鹿市国分町で
 伊勢国分寺跡歴史公園(鈴鹿市国分町)近くの墓地に植わり、奈良時代に聖武天皇が植えたとの言い伝えが残る「王城(おうじょう)桜」について、樹木や歴史に詳しい三人が二、五日に現地で調査した。花の特徴などから固有種のヤマザクラの古木とみられることが分かり、樹下では古代の瓦とみられるかけらが四個見つかった。 (酒井直樹)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧