本文へ移動

完全試合・佐々木朗希「最高です。最後まで松川を信じて投げました」【一問一答】

2022年4月10日 17時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
完全試合を達成し、松川(左)からウイニングボールを受け取るロッテ・佐々木朗

完全試合を達成し、松川(左)からウイニングボールを受け取るロッテ・佐々木朗

◇10日 ロッテ6―0オリックス(ZOZOマリン)
 日本のプロ野球界で28年ぶり16度目の完全試合を達成したロッテ・佐々木朗希投手(20)の試合直後のヒーローインタビューは以下の通り。
 ―ナイスピッチングでした
 「ありがとうございます」
 ー史上最年少の完全試合、しかも記録ずくめ
 「最高です」
 ―完全試合への意識はどの辺からあったか
 「正直あんまり意識していなくて、打たれたらそれでいいかなと思って、最後まで(捕手の)松川を信じて投げました」
 ―その松川選手があわや本塁打というバッティングで援護
 「ホームラン、入ってほしかったんですけど、点取ってくれてうれしかったです」
 ―19奪三振は日本のプロ野球タイ記録、13連続奪三振は堂々の同日本新記録です
 「(捕手の)松川がいいリードをしてくれたので、要求に応えながら、投げることができたと思います」
 ―一番良かった点は
 「ストライク先行で勝負できたのでよかったと思います」
 ―多くの記録を作りましたが、これからもっともっとという期待があります。最後に一言
 「次回もいいピッチングが出来るように引き続き頑張ります」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ