本文へ移動

四日市・鈴鹿の小学生水球チームが全国優勝 2チームが合併後1年で

2022年4月9日 05時05分 (4月9日 05時05分更新)
全国大会で優勝した男子小学生チームのメンバー=鈴鹿市御薗町の三重交通Gスポーツの杜鈴鹿水泳場で

全国大会で優勝した男子小学生チームのメンバー=鈴鹿市御薗町の三重交通Gスポーツの杜鈴鹿水泳場で

 四日市市や鈴鹿市の小中学生の水球クラブ「リヴィエール三重」の男子小学生チームが、3月下旬に千葉県であった春の全国大会「全国JOCジュニアオリンピックカップ」で優勝した。昨年春に二つのチームが合併。各地方大会を勝ち抜いてきた24チームの中から頂点をつかんだ。(神尾大樹)
 京都府のチームとの決勝は大接戦だった。四ピリオド制の試合を終え5|5の同点で、ペナルティーシュート戦でも決着が付かず。先にゴールを決めた方が勝利するVゴール方式でのペナルティーシュート戦の末、優勝を決めた。中川恭輔監督(29)は「出来過ぎの結果。多くの人に協力してもらってここまでこられた」と笑顔を見せた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報