本文へ移動

<奥三河点描> 森林鉄道跡を利用した自然歩道

2022年4月8日 05時00分 (4月8日 12時35分更新)

トロッコを坂上まで押し上げた後にS字カーブを下り三河田口駅方面に進む機関車。トロッコは下りは重力とブレーキで自走した=設楽町大名倉で(後藤吉孝さん提供)

 ゆるゆると傾斜の付いた細い山道が、緩いカーブを描きながら山林を貫く。一九六〇(昭和三十五)年に廃線となった設楽町の田口本谷線の軌道跡を訪れると、脇を流れる豊川のせせらぎと、鳥のさえずりに癒やされた。体力がない人でも、山歩きを楽しめるルートだ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報