本文へ移動

書家・森寺さん、高沢酒造場 氷見市・安部賞決まる

2022年4月8日 05時00分 (4月8日 10時22分更新)
森寺祐子さん

森寺祐子さん

  • 森寺祐子さん
  • 酒米をさらして酒造りに取り組む高沢酒造場=2016年12月、氷見市北大町で
 氷見市は六日、業績が顕著で将来の活躍が期待される市内の個人・団体に贈る第三十二回安部賞の受賞者に同市柳田の書家森寺祐子さんと、北大町の株式会社高沢酒造場(高沢龍一社長)を選んだと発表した。
 森寺さんは、二〇一六年に日展初入選を果たすなど公募展で活躍。氷見高校書道部を指導してコンクールで優秀な成績を収めるなど後進の育成にも尽くした。
 高沢酒造場は、昨年のインターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)の大吟醸酒の部でゴールドメダルを獲得するなど品評会で多くの受賞をし「獅子の舞」「鰤(ぶり)起こし」といった銘柄で氷見をアピールした。
 安部賞は名誉市民の故安部清氏の寄付を基に創設。これまで三十五人と三十六団体を表彰している。表彰式は十九日に市役所で開かれる。 (小畑一成)

関連キーワード

おすすめ情報

富山の新着

記事一覧