本文へ移動

創価大・門脇が2安打1盗塁でチームの白星発進をけん引、プロ9球団スカウトの前で猛アピール【東京新大学野球】

2022年4月6日 20時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2安打1打点でチームをけん引した創価大の門脇誠内野手=大田スタジアムで(小原栄二撮影)

2安打1打点でチームをけん引した創価大の門脇誠内野手=大田スタジアムで(小原栄二撮影)

東京新大学野球の春季リーグ戦が6日、東京・大田スタジアムで開幕。流通経大で新型コロナウイルスの部内感染があったため、開会式は中止。流通経大―駿河台大戦は延期となり、この日は1試合が行われた。創価大は6―0で杏林大に先勝。プロ注目の門脇誠内野手(4年・創価)が、中日、阪神など9球団のスカウトの前で2安打2四球1打点、1盗塁。チームの白星発進をけん引した。
 昨秋のリーグ首位打者の創価大の門脇がドラフトイヤーを好発進した。3番遊撃手で出場。1回2死から四球で出て、50メートル5秒8の足を生かして二盗に成功し、梅田の三塁打で生還。6回1死満塁では逆らわずに左前に中押し打を放った。「自分はデカいのを打つタイプではない。1番バッターみたいな3番。アウトにならないのが目標」。3回に送りバントがあったが2安打2四球。持ち味発揮に胸を張った。
 体が丈夫なのも武器で1年春からレギュラーで全イニング出場。ネット裏では9球団のスカウトが視察したが気負うことなくアピール。「練習のときから見られている意識でやっている。きょうはいい緊張感でやれました」。主将がけん引してチームは3シーズンぶり優勝へ快勝した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ