本文へ移動

「牛乳飲もう」官民連携 廃棄懸念で春の消費拡大策

2022年4月6日 16時00分 (4月6日 16時00分更新)
農水省に展示された牛乳パックで作った仮設ハウス

農水省に展示された牛乳パックで作った仮設ハウス

 この春からゴールデンウイーク(GW)にかけて、生乳が供給過剰になり廃棄される懸念が出ていることから、政府と企業が一体となって、工夫を凝らした牛乳や乳製品の消費拡大策に取り組んでいる。ビッグボスことプロ野球日本ハムの新庄剛志監督も牛乳の魅力をアピールしている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報