本文へ移動

「湖西市マインクラフトグランプリ」 コンテスト参加者募集

2022年4月6日 05時00分 (4月6日 10時12分更新)
自由な発想での応募を呼び掛ける徳増真宏さん=湖西市鷲津で

自由な発想での応募を呼び掛ける徳増真宏さん=湖西市鷲津で

  • 自由な発想での応募を呼び掛ける徳増真宏さん=湖西市鷲津で
  • マインクラフトで組み上げた「未来の車」のイメージ=湖西市鷲津で
 ブロックを組み上げて仮想の建物や街をつくるオンラインゲーム「マインクラフト」を活用し、あったらいいなと思う施設や未来の車などを自由な発想で形作るコンテストが、湖西市と市内のパソコン教室との共催で開かれている。九月三十日まで作品を募集している。 (鈴木太郎)
 老若男女の創意工夫を応援する意味を込め、市制施行五十周年記念事業として初めて開催。マインクラフト内で、(1)市内にあったらいい店や建物(2)未来の車(3)自由なテーマのオリジナル作品−を組み上げる三部門に加え、ゲームに慣れていない人に向け、仮想現実の世界を粘土やイラストで自由に表現した作品も受け付ける。ゲームアプリのインストールは有料だが、無料で応募できる。
 ゲーム内とゲーム外の各部門で独創性のある作品を選考し、優秀作品は十二月上旬に市内である表彰式で表彰する。優秀作品は会場の端末や大会サイトで公開し、自由に遊べるようにする。
 大会ホームページ上の問い合わせフォームや、無料通信アプリLINE(ライン)の大会公式アカウントに作品の写真を送って応募する。大会ページは、「湖西市マインクラフトグランプリ」で検索する。
 期間中には、ゲームのアプリを入れている人なら誰でも挑戦できる「タイムアタック企画」を大会ページに用意する。一カ月に一度ほど内容を変え、それぞれの内容でより速く企画をクリアできた人も表彰される。市外からも企画への応募や参加ができる。
 パソコン教室「マナカル湖西校」と「UGO学院」(ともに同市鷲津)の代表を務める徳増真宏さん(40)=同市古見=が、コロナ禍で活動に制限のある子どもらに、自由に創作を楽しんでもらいたいと企画した。「仮想現実と住んでいる地域を行き来しながら自由に表現することで、郷土愛を育んでもらいたい」と話している。(問)マナカル湖西校=053(415)8712

関連キーワード

おすすめ情報