本文へ移動

【阪神】今季初勝利は3年ぶり大入り甲子園のファンの前で 初体験の佐藤輝も「最高でーす!」と大興奮

2022年4月5日 21時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神・佐藤輝

阪神・佐藤輝

◇5日 阪神4―0DeNA(甲子園)
 阪神が開幕からの連敗を9で止めた。西勇輝投手(31)が118球、7安打無四球の完封。今季初の甲子園は3万7408人の観客で埋まり、9回2死からは「あと一人!」コールが起こった。最後の打者・関根を一ゴロに仕留めると大歓声に包まれた。
 1回には4番の佐藤輝明外野手(23)の今季1号となる2ランなどで3点先制。2回に1点追加して4―0とリードを広げると、西勇が黙々とアウトを積み重ねた。
 コロナ禍に見舞われる前以来、3年ぶりに大入りとなった虎の本拠地。ヒーローインタビューに登場した西勇、佐藤輝が再びの大歓声を浴びた。
 プロ2年目で佐藤輝は初体験となる満員の甲子園。お立ち台で「最高でーす!」と声を上げた。右翼席最前列に飛び込んだ一発を「ギリギリだったんですけど入ってくれてほっとしました」と振り返り、昨年6月以来となる甲子園でのアーチには「今シーズン打てなかったので、1本目ですごいほっとしました」と本音を明かした。
 完封で初勝利の西勇は「僕は(巨人に3連敗した東京)遠征に行っていないんで、連敗とか気にせず普段通りにマウンドに上がりました」とあっさりと答えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ