本文へ移動

高木美帆、姉・菜那からプレゼントされたピアス着け登壇「姉が姉で良かった」おねだり失敗エピソードも

2022年4月5日 18時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 記者会見に笑顔で臨む高木美帆

 記者会見に笑顔で臨む高木美帆

 2022年北京冬季五輪でスピードスケート女子1000メートルの金メダルを含む4つのメダルを獲得した高木美帆(27)=日体大職=が5日、東京都内で記者会見し、現役続行の意思を明らかにした。
 高木美は姉・菜那(29)にプレゼントされたピアスを着けて会見に臨んだ。「姉が『来年はもしかしたらスーツをたくさん着る機会があるかもしれないから、持っておいた方がいい』と言ってくれて。そのとき同じブランドで誕生石のついたネックレスも欲しいとおねだりしたんですが『自分で買え』と」と“おねだり失敗”のエピソードを明かした。
 菜那もこの日に東京都内で現役引退会見をした。高木は「私が姉を頼りにしているところはたくさんある。姉は会見で『私が妹でよかった』と言ってくれたようで、そんな恥ずかしいことをこの場で言えるのかなと思った。けれど、思い返せば『姉が姉で良かったな』と今日は思いました」と感慨深そうに語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ