本文へ移動

【西武】森友哉が「右示指基節骨骨折」で出場選手登録抹消 山川穂高に続く主力の離脱

2022年4月3日 13時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
西武・森友哉

西武・森友哉

 西武は3日、開幕から全試合に先発出場していた森友哉捕手(26)が千葉県内の病院で「右示指基節骨骨折」と診断されたと発表。出場選手登録も抹消した。右手の人さし指の付け根付近を骨折したという。
 2日のロッテ戦では8回裏の守備からベンチに下がり、試合後に病院で検査を受けていた。西武では1日に山川穂高内野手も右脚の故障で出場選手登録を外れており、主力が相次いで離脱する緊急事態となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ