本文へ移動

「迷ったら駄目」イケイケムードに乗っかった岡林、栗林の宝刀砕いてサヨナラ内野安打【中日】

2022年4月3日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日―広島 12回裏1死三塁、サヨナラ打を放った岡林(中央)を祝福するナイン

中日―広島 12回裏1死三塁、サヨナラ打を放った岡林(中央)を祝福するナイン

 岡林が守護神の宝刀を、がむしゃらにへし折った。同点となった直後の延長12回1死三塁。栗林のファーストストライクのフォークを、迷わず振り抜いた。名手菊池涼の処理も及ばない二塁へのサヨナラ内野安打で、最高の幕切れの主役の座をゲットした。
 「押せ押せの場面では、見ていた方が逆に自分が追い込まれてしまう。ストライクゾーンはすべて行く気持ちで、迷ったら駄目だと思い切って振った結果」とチームのイケイケムードに乗っかった。
 ぶれなかった。10回1死一、三塁のサヨナラの好機でファーストストライクを狙って一ゴロ。「10回は、2ボールになってストライクボールの見極めができず、冷静さを失っていた」。前掛かりな気持ちを少しだけ修正。「ピッチャーの足元に強く打つ意識だけ」と地に足をつけ、ラストチャンスで満点回答をたたき出した。
 4回にはプロ初の三塁打を森下から放ち、同点の本塁を踏んだ。東京五輪金メダリスト2人を一挙に打ち砕いた。「相手の名前に負けず、シンプルにピッチャーと対戦するというだけ」という度胸満点ぶりも頼もしい。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ