本文へ移動

<ミステリーの舞台探訪 直木賞受賞・米澤穂信さんの作品から> (7)高山・宮川に架かる「不動橋」

2022年4月1日 05時00分 (4月4日 10時27分更新)
宮川に架かる「不動橋」=高山市七日町で

宮川に架かる「不動橋」=高山市七日町で

  • 宮川に架かる「不動橋」=高山市七日町で
  • 境内を紹介する宮司の谷田さん=高山市の桜山八幡宮で
 著書「米澤穂信と古典部」で、大学の卒論のテーマが旧ユーゴスラビアだったことを明かしている米澤穂信さん。小説「さよなら妖精」は、地方都市に住む主人公の高校生・守屋路行(みちゆき)と友人の大刀洗(たちあらい)万智らが一九九一年、ユーゴスラビアから訪れた少女・マーヤと出会うことから始まる物語だ。マーヤの帰国後にユーゴスラビアで紛争が激化し、安否を気遣う守屋たちは彼女がいる場所を推理する。
 米澤さんは著書「米澤屋書店」の中で、この作品の舞台のモデルが高山市の重要伝統的建造物群保存地区や桜山八幡宮、東山寺院群だと紹介している。作品の中で守屋らは歩行者専用の「不動橋」を渡った先で、雨宿りしていたマーヤと出会い...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報