本文へ移動

さんまプロデュース「漁港の肉子ちゃん」、全米&台湾での上映決定

2022年3月31日 21時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「漁港の肉子ちゃん」のメインビジュアル

「漁港の肉子ちゃん」のメインビジュアル

 タレント明石家さんま(66)が企画・プロデュースしたアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」(渡辺歩監督)が全米と台湾で上演されることが決まった。31日、同映画の公式サイトで発表した。
 全米では「FORTUNE FAVORS LADY NIKUKO」のタイトルで6月2日に約600館規模で特別上映会が開催され、翌3日から主要都市で公開される。また、台湾では「漁港的肉子」のタイトルで5月13日から公開がスタートする。
 今作は直木賞作家・西加奈子さんの同名小説が原作で、漁港の船に住む訳あり母娘・肉子ちゃんとキクコが紡ぐ感動のハートフルコメディー。さんまが手がけたことに加え、声優として女優大竹しのぶやモデルのCocomiらが出演するなど話題を呼んだ。第45回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞をはじめ、国内外の映画賞で受賞が続いている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ