本文へ移動

今季2度目の零封負けで中日バンテリンD開幕3連敗スタート…8回好機も得点奪えず

2022年3月31日 20時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回表、失点し厳しい表情のR・マルティネス

9回表、失点し厳しい表情のR・マルティネス

  • 9回表、失点し厳しい表情のR・マルティネス
  • 8回裏無死、京田が右中間に放ち、三塁に滑り込むがタッチアウト
◇31日 中日0―1DeNA(バンテリンドームナゴヤ)
 中日は0―0の9回にR・マルティネス投手(25)が失点し、本拠地開幕カードで3連敗スタートとなった。
 先頭・牧に内野安打で出塁を許すと、次打者・宮崎には死球。犠打と申告敬遠を挟み、1死満塁で代打・大和の併殺崩れで先制を許した。
 一方、打線はDeNA先発の浜口を打ち崩せず、8回まで6安打で無得点。8回は先頭・京田が右中間を破る長打を放つも三塁憤死。その後2死から大島の安打と岡林の四球で一、二塁をつくるも3番・鵜飼が三飛に倒れ好機を生かせなかった。
 9回は抑えの山崎に3人で抑えられ、今季2度目の零封負けとなった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ